低予算の施工

低予算でも安心して外壁の塗り直しなどが行える無足場について

ビルの外壁の塗り直しなどを行いたい場合には、足場の設置にかかる費用についても念頭に置く必要があります。このような足場を設置する方法の他に、無足場で塗り直しなどを行う工法が存在しています。 無足場で塗り直しなどを行う工法では、ロープなどを利用して工事を進めて行くことになるため、足場を設置する方法と比較して、機材の設置にかかる手間を大幅に省くことができます。そのため、低予算で工事を進めてもらいたい場合にも、無足場を役立てていくことが可能となっています。無足場を利用可能かどうかは、ビルの状態によって変化するため、予算などと一緒に相談を行っておくと安心して工事を任せられます。 このように、無足場の工法を利用すれば、低予算であっても安心して、ビルの塗り直しなどを行っていけます。

最近、目にすることが多い無足場による施工

最近、ビル工事に関しては無足場によるものを多く見ることができます。元来、土木工事では法面などの擁壁やダムの工事で用いられてきた工法ですが、建築の現場でも多くなってきました。 通常の、足場工法と無足場工法との違いはなんでしょう。それには、いくつか上げることができますが、何といっても一番大きな違いはコストだと言えます。足場工法では、どうしても足場の掛払いから、損料、また運搬費もかかりますが、無足場ではかかりません。また、足場工法においては場所も確保しなくてはならず、しっかりとした仮設計画も必要となります。その点、無足場においてはその必要も無く、大きなメリットがあります。ただ、足場工法と違い屋上からのロープを使用しての施工となるために、時間がかかり、また、技術者が同じ場所に何度も行くことができず、施工者へのレベルが要求されます。そして、建物によっては出入りが多い場合などでも、垂直には降りられず、基本的には施工は難しいものになります。 建物が隠されずにビルが施工される様子には、とても珍しいものがあります。